JJDA-037 息子の好色妻

 読み込み中 

30歳を過ぎてから無職になり、住む場所もなくなり、すっかり自信を失ってしまった。初めてご挨拶した「先生の奥さん」は、とても魅力的で優しくて美しくてセクシーな女性でした。将来の見通しが立たず落ち込んでいた永井さんは、先生から「しばらくうちに泊まっていいよ」と言われた。男は謙虚なので滞在を許されるが、恩師の妻に白い目で見られて…初回無料お試しポイントプレゼント!

JJDA-037 息子の好色妻